教育サポートロゴ

「郷什塾」は、薩摩の郷中教育及び会津の什(辺)教育の理念と現代の脳科学、人工知能(AI)、ロボット化の発達趨勢等を勘案、吻合した教育手法により最善の児童教育手法を提供します。

また、企業等の新入社員教育・フォロー研修から管理職・役員研修まで、項目は挨拶・身だしなみの基本からリーダーシップ・統率手法まであらゆる社員教育の計画から実施、また企業の教育体系の構築まで懇切丁寧に対応します。

我々が特に重視していることは、社員教育は部外の専門業者にお願いするのではなく、どんなに小規模の企業であっても自ら人を育てる環境と教育体制の構築が重要であり、郷什塾はこの体制構築の指導、支援を得意としています

・・・こんな会社は組織崩壊の危機が迫っています・・・・・・

社員の朝の挨拶がない。  挨拶の声が小さい。

社員に活気がない、明るさがない。

新入社員や若手社員のビジネスマナーが今一歩。

社内の業務指揮命令系統が乱れている。

社内メールの使い方がお友達感覚になっている。

上司が部下に敬語を使う。上司が部下を叱れない。上司にリーダーシップがない。

社長や部長が課長やマネージャーを飛び越して業務命令を与えるジャンプ命令がある。

・・・心当たりの経営者、役員、教育担当者はすぐにお知らせください!・・・・・

組織は様々な長所を持った人が集まり、一人では決して出せない爆発的な総合力を発揮しなければ意味がなく、プロジェクトは成功しなければその存在意義はありません。

その為にはプロジェクトリーダーや部門長に勝つ力と統率力がなければなりません。

勝つためには単なる願望や希望でなく、目標を絶対に達成するという強い意志とスキルが必要となります。

またチームを真に統率できるのは、部下の失敗には全責任を負い、成功は部下の功績と認め、周到な準備のもとに果敢にチャレンジする腹の座った指揮官のみです。

昨年の2月にグーグルの研究テーマ「プロジェクト アリストテレス」の研究成果が発表されました。

グーグル社は部課編成ではなく多くのプロジェクトチームで構成されています。そして成果を上げるチームと、成果の上がらないチームが存在することから、約2年間にわたり大学等の研究機関と研究を行い、成果を上げるチームと成果を上げないチームの因果を追求しました。

その結果は意外な結論でした。

仕事とプライベイトを明確に区分するる社員のいるチームは何をやっても成果が上がらず、仕事とプライベートを区分せずありのままの自分を曝け出す社員のチームは何をやらせても成果を上げたそうです。

これって!

戦後復興期から高度成長期の日本企業そのものではありませんか!

これは和と共栄の日本精神であるから達成できる教育システムであり・・・そして・・勤務場所と居住場所が同一の海上自衛隊護衛艦のチームはこの日本伝統の強力なチーム作りを現在でも継承しています。

薩摩の郷中教育、会津の什教育、防衛大の全寮学生管理指導教育、海自護衛艦等の班対抗・連帯責任方式の教育等、旧日本海軍から引き継ぐ強力なチーム育成システムの中で若年士官から部隊指揮官まで経験し、退官後は民間企業の社員教育等に従事した海自OBが主体となって提供する各種教育サポートを是非ご活用ください。

郷什塾のサポートは原則として非営利事業(交通費と日当は別)で行い、日本企業の組織力向上、ひいては日本社会の発展を目的としています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・